おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:レッスンの話/音楽教室関連( 187 )

たかまつ楽器オリジナルグレードテスト エクスプレッション賞の発表です!

たかまつ楽器では、毎年春と秋に生徒さんに向けてグレードテストを行っています。

1つ1つ級があがっていくという等身大の目標設定をすることで、日々の練習にやる気を持ちながら努力を続けて頂き上達のための一助となれば、という思いからずっと続けてまいりました。
毎回生徒の皆さんの演奏を聴く度にレベルが上がってきているという印象を受けますので、それを
裏付けているのでしょう。

しかし、「○級に合格したい」という目先の気持ちが強くなると「とにかく間違えないように」の
ような演奏になりかねないという側面も同時に持ち合わせています。
ここ最近の演奏からも審査の先生方は「きちんと弾いているんだけれど『表現力に乏しい演奏』」が少なからず見受けられるように感じていらしゃいました。

そのような審査員の思いを元に、
生徒さんの更なる励みとなるものであるのと同時に、このグレードテストが目指す方向性を示すものとして「豊かな表現を確かなテクニックで」示してくれた生徒さんに「たかまつ楽器グレードテスト エクスプレッション賞」を差し上げたいということになり今回が対象となる最初の回でした。


受験された皆さんは本当に一生懸命演奏してくださいました。
どなたにも賞を差し上げたいと思いましたが特に素晴らしい表現をして下さった以下の方々が選ばれました。


たかまつ楽器オリジナルグレードテスト エクスプレッション賞

【金賞】
琢磨 彩夏さん(7級)
今回最上位級の7級を受験した宅磨さんは、心の中にある豊かな音楽を、これまでの練習によって培った確かな技術と意志の力で見事に表現して下さいました。
心がワクワクする演奏でした。


【銀賞】
安藤万結子さん(16級)
安藤さんは、単旋律の課題曲を演奏する初級16級を受験されましたが、心の中にある「歌」を自然に表現してくださいました。
楽しそうに演奏されていたのが印象的でした。


齋藤かなさん(13級)
齋藤さんは美しい音で、楽しい音楽を奏でて下さいました。


【銅賞】
作間優衣さん(12級)
古川真大さん(12級)



*グレードテストに参加してくださった生徒さんの中で特に表現力に優れた演奏をしてくれた方に差し上げます。
*人数は特に定めません。また該当者なし、という回もありえます。
*対象となった生徒さんには認定証の他に賞状をお渡しし、センター教室待合室とウェブにて発表させて頂きます。

さて、明日はソルフェージュのグレードテストが待っています!
生徒さんたち、頑張って下さいね!029.gif
by t_gakki | 2014-11-22 11:05 | レッスンの話/音楽教室関連

グレードテスト対策講座のご報告

16分おんぷです。
昨日の金曜日、たかまつ楽器ピアノ特別講師の酒井信先生のご指導による『グレードテスト対策講座』がサロンピアーチェで行われました。

たかまつ楽器では春と秋にの年2回、グレードテストを行っていて、毎回たくさんの生徒さんがチャレンジしてくれています。

また、よりよいテストにするために2年に1度課題曲の見直しもされていて、先生方も常にテキストの勉強をしています。そういう勉強の一環として特別講師かつグレードテスト審査員でもある酒井先生のご指導を仰ぐ今回の講座が開かれたのでした。

先生方の有志が課題曲を弾いてそれに対するワンポイントレッスンの形式で行われました。

メヌエットでは、不肖私16分おんぷがメヌエットのステップを踏んで「3拍子のダンスであるメヌエットですが2小節1フレーズとして捉え、1.3.4.5拍に重みがくる」ことを確認したり、ドミナント→トニックの終止形や半終止の演奏の仕方などからバロックのスタイルによる演奏を心がけましょう、というお話がありました。

また、脱力のためのアプローチの仕方やアップダウンによる拍子感の伝え方など、参加した先生方、しっかり聞き入っていましたよ。

c0150287_14225638.jpg

c0150287_14234767.jpg

by t_gakki | 2014-10-18 14:24 | レッスンの話/音楽教室関連

れんらくちょうイラストコンテスト

当店恒例行事♪
れんらくちょうイラストコンテストが今年も行われました!
受賞された生徒さんの作品をご紹介します♪

まずは栄えある金賞!
今回のれんらくちょうの表紙を飾るのはこの作品です!
c0150287_17323487.jpg


「ゆめのおしろ」 7歳男の子
とにかく大きくダイナミックに、鮮やかに描かれていて、1番目を惹きました!
レゴっぽくてカワイイです(*^_^*)
おめでとうございます!


続いて銀賞の2名。
c0150287_17331659.jpg

「さかなのおんがく」 7歳男の子 
たくさんのおんぷとおさかなが、細かく丁寧に描かれています。
水が透けている感じも上手に描かれています(^^♪

c0150287_17334164.jpg

「おんぷねこ」 5歳女の子
カラフルなねこちゃんがとってもかわいいです!
目が金色なのが素敵♪

銅賞
c0150287_1734057.jpg

「おんぷの木」 8歳男の子
前回もとっても上手に描いてくれていた生徒さんです。
くっきりとした線で細かく描かれています♪

c0150287_17342622.jpg

「どうぶつとバス」 5歳女の子
女の子らしい色づかいでとってもかわいい!(^v^)
おんぷがたくさんで楽しい作品です♪


がんばったで賞
c0150287_17345734.jpg

「たのしいピアノ」 8歳 男の子
受賞常連のとっても上手な生徒さんです!
今回もさすが!スタッフも脱帽です。

c0150287_17352262.jpg

「ハムスターがピアノひいてる」 4歳 女の子
前回銀賞だった生徒さんです♪とっても個性的なイラストで、色づかいもタイトルも斬新!
今後も楽しみです(^^♪



どの生徒さんも、個性あふれる素敵なイラストばかりで毎年賞を決めるのに苦労します…
受賞者のみなさんはじめ、参加してくださった生徒さんみなさん、ありがとうございました(*^_^*)
次回の開催も楽しみです♪
by t_gakki | 2014-06-07 17:38 | レッスンの話/音楽教室関連

『ママ∞フェスタ2014』のご報告

16分おんぷです。
去る11日の日曜日(母の日でしたねー)、わははネットさん主催の『ママ∞(エイト)フェスタ2014』にたかまつ楽器が初出展してまいりました!
初めて参加する私達に優しくしてくださり、わははネットさん、本当にありがとうございました!

ブースをお借りしての音楽教室紹介から、音楽教室にご興味のある方に

どんなお子さんにはどんなレッスンとレスナーがあう?という「レッスン診断」アンケート


にお答え頂いたり、午後一には不肖私16分おんぷの「親子でミニライブ」があったりと、
たかまつ楽器青い鳥音楽教室のよいところをアピールできたように思いました。

幼児期の子どもは個性も才能も一様ではありません。
お子さんのタイプを見極め、30名以上のたかまつ楽器講師陣の中からお子さんにあったレスナーをセレクトしていただいて、長くレッスンを続けていくことで、お子さんの成長に繋げます。
ご来場のご家族様からの熱心なご質問に誠心誠意お答えさせて頂き、幼児期の音楽環境の大切さをお伝えすることができたように思いました。

スタッフもお揃いのTシャツで頑張りましたよ!


c0150287_9274524.jpg



c0150287_9282960.jpg

by t_gakki | 2014-05-14 09:29 | レッスンの話/音楽教室関連

笹田優美先生講座のご報告

16分おんぷです。
先週木曜日、笹田優美先生をお招きし

「自宅練習と電子ピアノの活用法・レッスン向上セミナー」


の第1回を開催致しました。
笹田先生には9年前に初めて講座をして頂いてのち、3年ほど前にも3回シリーズで電子ピアノの活用についての講座をして頂いていて、今回が3回目です。
電子ピアノを持つ生徒さんが増えて続けている今、レスナーはどのような点に気を配り、どのようにレッスンをしていくべきか、をとても楽しく分かりやすくお話してくださるので、毎回受講の先生方に喜ばれています。

今回も

●電子ピアノで練習する生徒について
●指導者が電子楽器やデジタル機器をレッスンに活用する時のポイント
●電子楽器を選ぶときの注意点

についてお話下さり、あっという間の2時間でした。

c0150287_9594712.jpg


写真は「メヌエット」のステップを教えていただいてみんなで踊っているところです。
不肖私16分おんぷも社交ダンスを少々嗜みますがwダンスのステップはビートやグルーヴにもつながる大事な要素。

「音楽をする人はダンスをしたほうがいいですよ」


とバリ舞踊をなさる笹田先生もおっしゃっていました。

電子ピアノなら内蔵曲のメヌエットやワルツをかけながらステップを踏むこともできます。

大切なのは

今目の前にある楽器で何ができるのか(或いはできないか)をレスナーが知っておくこと



なんですよね!
by t_gakki | 2014-04-29 10:03 | レッスンの話/音楽教室関連

シニアだって楽しく上達!(シニア向けピアノレッスン)

お久しぶりの16分おんぷです(^^;)

さて、今日はセンター教室でレッスンをしているある紳士のお話をしたいと思います。
Oさん(72歳)は、映画音楽やアメリカンポップスが大好きで、「弾き語りができるように」とずっとレッスンに来てくださっていますホームコンサートを開催しお友達にレパートリーを披露するという目標をお持ちです。

正直レッスンを始めた頃は、思うように指が動かなかったり、おうちではうまく弾けてもレッスンでは音楽がうまく出てこなかったり・・・ということがありました。

それが最近めきめきと上達され、当初の目標にぐっと近づいてきているんです!

そうなるにはポイントが2つありました。

1つは

数曲を常に周期的に何度もレッスンするということ


Oさんは現在8曲(「Love me tender」「Moon River」「テネシーワルツ」「ロシアより愛をこめて」「ジャニーギター」「As time goes by」「ホワイトクリスマス」「想い出のサンフランシスコ」)をレパートリーとして練習中です。
大人の方は子どもの生徒さんより1曲を仕上げるのに少々お時間がかかります。これは致し方ないことではあるのですが、だからといって1曲に半年も1年もかけていたのでは飽きてしまいイヤになりますよね。なのでOさんご本人のご希望もあって、7割程度できてきた段階で「一度寝かせる」ことにして、次の曲→次の曲→次の曲→・・・と進んでみました。

「じゃあ、2周目はさっとできたんだ!」と思われたかもしれませんが・・・

いえいえ、そんなに甘くない!(笑)


お忙しい大人の方のこと、1度やってあっても忘れています(^^;)
あ、でもこれは大人に限らずお子さんでも以前弾けてた曲もそれから1度も弾かないときれいに忘れますよね?

でもOさんは、そこであきらめませんでした。
2周目→3周目→・・・4周目と続けるうちにどの曲もさっと弾き歌いできるようになったんです!



もう1つ重要なポイントがあります。
これは私が子ども達のレッスンではあまり言わないこと・・・

とにかく100回弾いてきてください


を言いました。
子ども達は感覚がよく反応が速いので、手先だけで弾いてきがちですから、常に「考えて練習しなさい」を言い続けています。ですが大人の方は逆に「どうしてうまく弾けないんだろう?(あーでもない、こーでもない)」・・・悶々・・・という状態に陥りやすいです。「子どもより指が動かなくて当たり前」と覚悟を決めて「がむしゃらな練習」に取り組んでみてください!
100回の宿題の翌週、Oさんは「すみません、(実際にはお忙しくて)60回しか弾けませんでした」とおっしゃいましたがそれでも効果は抜群!それからとても指が動くようになりました。脱力もうまくいってよい音が出るようになったと、今も感じています。

子ども達もそうなのですが、それ以上に大人の生徒さんはピアノを練習できる環境や時間に制限があります。無理なく楽しく、でも上達して頂きたいし演奏したいと思った音楽をご満足頂ける形で演奏できるようにして差し上げたい、と心から思っています。
by t_gakki | 2014-04-13 19:27 | レッスンの話/音楽教室関連

『第1回 青い鳥コンペティション』入賞者

16分おんぷです。
去る12月26日(木)、高松テルサにおいて『第1回 青い鳥コンペティション』が開催されました。
私は審査員の1人として出場者全員の演奏を聴かせて頂きましたが、本当に楽しませていただきましたし、かつ懸命に演奏される出場者の演奏に心を打たれた1日でした。
入賞された皆さんの演奏はもちろん素晴らしかったのですが、惜しくも入賞を逃した出場者の皆様も、本当に一生懸命「自分を表現しよう」とされていた姿がとても印象的で、
心からの拍手を全員に送りたいと思っています。


まずは入賞者のご報告です。


ヴォーカル部門

金  賞     池田 晴香さん(中2) 演奏曲 「リトルマーメイド」より “Part Of Your World”
銀  賞     石塚 三奈さん(小5) 演奏曲 「ありがとう」
銅  賞     大西 晴日さん(小6) 演奏曲 「潮騒のメモリー」
審査員特別賞 佐々木 澪さん(年長) 演奏曲 「虹」


ヴァイオリン部門

金 賞      該当者なし
銀 賞      該当者なし
銅 賞      安藤 桃子さん(小2) 演奏曲 「メヌエット」(ボッケリーニ)
審査員特別賞 常谷 彩花さん(年長) 演奏曲 「メヌエット第1番」(バッハ)


ピアノ部門

金 賞      松本 拓磨くん(小2) 演奏曲 「Energy Flow」
銀 賞      荒木 紗弥さん(小3) 演奏曲 「戦場のメリークリスマス」
銅 賞      豊嶋   舞さん(中1) 演奏曲 「Let it be」
審査員特別賞 土居奈夏子さん(年中) 演奏曲 「ガラスのくつ」(ギロック)



皆様、おめでとうございました。



「どこにもない音楽教室」であるたかまつ楽器青い鳥音楽教室が、満を持して開催するコンペティション、
コンセプトにも規定にも運営方法にも・・・そこかしこに「どこにもない」が散りばめられていましたよ。

数例あげると・・・
①課題曲がない(クラシックでもポピュラーでもジャズでもオリジナル曲でもOK
②年齢による区分がない(高校生以下ならどなたでも)
③ヴォーカル部門はマイクを使用する
④表彰式で受賞理由をはっきり述べる
⑤あとで出場者に渡される講評が丁寧

などなど・・・


今を生きる子ども達の心に寄り添い、議論を重ねて創りあげたこのコンペティション。
生徒さん達に、音楽を通して自己表現をするためのステップアップに活用して頂ければと、約1年後に第2回を開催致します。
第2回は2015年1月11日(日)です。
ウェブなどにてお知らせいたしますので、あなたも参加してみませんか?
by t_gakki | 2013-12-27 19:51 | レッスンの話/音楽教室関連

23日(祝)はクリスマス音楽会でした



16分おんぷです。
23日は毎年恒例のたかまつ楽器クリスマス音楽会でした。
今年も昨年同様大勢の生徒さんからお申し込みを頂き、約140名の参加者を2つに分けた2部構成となりました。
c0150287_1652043.jpg



クリスマス音楽会はその内容などから小さい生徒さんの参加がメインですが、
今年も

1.リトミックコーナー

2.音楽○×クイズ

3.大型しかけ紙芝居「こうさぎちゃんのクリスマスツリー」

4.じゃんけんゲーム「かもつれっしゃ」

5.プレゼント交換

などの楽しい企画が並び、生徒さんたちが楽しく音楽に触れ合っていました。

でもでも、なんと言ってもみんなが楽しみにしているのはサンタさんからのプレゼント!
大きな白い袋から出てくるプレゼントやお菓子に目を輝かせてくれていましたよ。


毎回企画運営していて思うのが(そして毎回書いているかもwww)生徒の皆さんの素晴らしさです。
元気に身体を動かしたり、大きな声で歌ったり、のコーナーもあれば、静かに音楽を聴くコーナーもあるのですが、
どちらも一生懸命してくれていました。
クリスマスにはきっとサンタさんがプレゼントを持ってきてくれたに違いありません!!!

講師たちも幸せな気持ちになれた1日でした(^^)

c0150287_1650076.jpg
c0150287_16494520.jpg

by t_gakki | 2013-12-24 16:17 | レッスンの話/音楽教室関連

♪ユメックスクリスマスコンサート♪

16ぶおんぷです。
20日(金)夜、林町にあるユメックスさんからのご依頼を頂きフルートのM先生、
ピアノのN先生と3人で演奏をしてまいりました。

会場はビル内にあるパン屋さん「ブーランジェリーココット」。

楽しいクリスマスソングや、「ヴェニスの謝肉祭」ビゼーの「メヌエット」など、
フルートならではのクラシックの名曲、皆さんご存知のちょっと大人な曲などを
楽しく演奏してきましたよ(^o^)/
c0150287_14185341.jpg
c0150287_1419221.jpg
c0150287_14191824.jpg
c0150287_1419297.jpg
c0150287_14194682.jpg
c0150287_14195739.jpg


私は毎回「演奏はプレイヤーからお客様への心からのプレゼント」だと思って
歌ったり弾いたりしているのですが、今回のコンサートはユメックスさんがご招待された
お客様や社員の温かいお気持ちを逆にプレゼントして頂いたように感じ、
霰が降るくらい寒い日だったにもかかわらず、身も心もあたたかくなったひと時でした。


ありがとうございました。
by t_gakki | 2013-12-22 14:20 | レッスンの話/音楽教室関連

ベヒシュタインピアノでレッスンできるお教室♪

たかまつ楽器 青い鳥音楽教室 第1センター教室に
C.BECHSTEIN(ベヒシュタイン)millennium116K というモデルが入りました!!
c0150287_19465219.jpg
c0150287_19465880.jpg

116cmと小柄ではありますが、弾いてみるとその音量のボリュームにビツクリ(@_@)
ボディ全体が共鳴体という感じで、さすがベヒシュタインといった鳴り。

そして、マイスターピース(旧コンサートシリーズ)ならではの音の立ち上がりの良さ、クリアさ。
音の濁りが少ないため、微妙なタッチ変化も良く分かります。

自分の出来ないところ、弱いところが良く分かるという事は、気づくことが出来るのが早い、という訳で、
すなわち改善する作業にとりかかるのも早くなるわけです。

つまり、短時間で効率の良い練習ができる!

あとやはり世界三大ピアノと呼ばれるだけあって、音の表現力は国産のそれとは比較できません。
ダイナミックレンジの広さはアップライトと言えど幅広く、それは国産のグランドピアノもしのぐのではないでしょうか\(^o^)/

楽器店の教室のような2~3畳ほどのスペースでは、グランドピアノは到底おけません。
その分、ベヒシュタインのような輸入の高級アップライトピアノであれば、グランドピアノの表現力の幅を期待できるのです。

当店のお教室では、3か月ごとにお教室のローテーションをしています。
グランドピアノ、アップライト共に色々なメーカーのピアノを体感できます。
生徒の皆さんに、音色の違いを知ってもらいたい♪
色んなピアノを弾いて、どのピアノでも自分らしい演奏をしてもらいたい♪
そう思っています(^_^)/


2分おんぷ@たかまつ楽器
by t_gakki | 2013-10-18 19:52 | レッスンの話/音楽教室関連