おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

笹田優美先生講座のご報告

16分おんぷです。
先週木曜日、笹田優美先生をお招きし

「自宅練習と電子ピアノの活用法・レッスン向上セミナー」


の第1回を開催致しました。
笹田先生には9年前に初めて講座をして頂いてのち、3年ほど前にも3回シリーズで電子ピアノの活用についての講座をして頂いていて、今回が3回目です。
電子ピアノを持つ生徒さんが増えて続けている今、レスナーはどのような点に気を配り、どのようにレッスンをしていくべきか、をとても楽しく分かりやすくお話してくださるので、毎回受講の先生方に喜ばれています。

今回も

●電子ピアノで練習する生徒について
●指導者が電子楽器やデジタル機器をレッスンに活用する時のポイント
●電子楽器を選ぶときの注意点

についてお話下さり、あっという間の2時間でした。

c0150287_9594712.jpg


写真は「メヌエット」のステップを教えていただいてみんなで踊っているところです。
不肖私16分おんぷも社交ダンスを少々嗜みますがwダンスのステップはビートやグルーヴにもつながる大事な要素。

「音楽をする人はダンスをしたほうがいいですよ」


とバリ舞踊をなさる笹田先生もおっしゃっていました。

電子ピアノなら内蔵曲のメヌエットやワルツをかけながらステップを踏むこともできます。

大切なのは

今目の前にある楽器で何ができるのか(或いはできないか)をレスナーが知っておくこと



なんですよね!
by t_gakki | 2014-04-29 10:03 | レッスンの話/音楽教室関連

シニアだって楽しく上達!(シニア向けピアノレッスン)

お久しぶりの16分おんぷです(^^;)

さて、今日はセンター教室でレッスンをしているある紳士のお話をしたいと思います。
Oさん(72歳)は、映画音楽やアメリカンポップスが大好きで、「弾き語りができるように」とずっとレッスンに来てくださっていますホームコンサートを開催しお友達にレパートリーを披露するという目標をお持ちです。

正直レッスンを始めた頃は、思うように指が動かなかったり、おうちではうまく弾けてもレッスンでは音楽がうまく出てこなかったり・・・ということがありました。

それが最近めきめきと上達され、当初の目標にぐっと近づいてきているんです!

そうなるにはポイントが2つありました。

1つは

数曲を常に周期的に何度もレッスンするということ


Oさんは現在8曲(「Love me tender」「Moon River」「テネシーワルツ」「ロシアより愛をこめて」「ジャニーギター」「As time goes by」「ホワイトクリスマス」「想い出のサンフランシスコ」)をレパートリーとして練習中です。
大人の方は子どもの生徒さんより1曲を仕上げるのに少々お時間がかかります。これは致し方ないことではあるのですが、だからといって1曲に半年も1年もかけていたのでは飽きてしまいイヤになりますよね。なのでOさんご本人のご希望もあって、7割程度できてきた段階で「一度寝かせる」ことにして、次の曲→次の曲→次の曲→・・・と進んでみました。

「じゃあ、2周目はさっとできたんだ!」と思われたかもしれませんが・・・

いえいえ、そんなに甘くない!(笑)


お忙しい大人の方のこと、1度やってあっても忘れています(^^;)
あ、でもこれは大人に限らずお子さんでも以前弾けてた曲もそれから1度も弾かないときれいに忘れますよね?

でもOさんは、そこであきらめませんでした。
2周目→3周目→・・・4周目と続けるうちにどの曲もさっと弾き歌いできるようになったんです!



もう1つ重要なポイントがあります。
これは私が子ども達のレッスンではあまり言わないこと・・・

とにかく100回弾いてきてください


を言いました。
子ども達は感覚がよく反応が速いので、手先だけで弾いてきがちですから、常に「考えて練習しなさい」を言い続けています。ですが大人の方は逆に「どうしてうまく弾けないんだろう?(あーでもない、こーでもない)」・・・悶々・・・という状態に陥りやすいです。「子どもより指が動かなくて当たり前」と覚悟を決めて「がむしゃらな練習」に取り組んでみてください!
100回の宿題の翌週、Oさんは「すみません、(実際にはお忙しくて)60回しか弾けませんでした」とおっしゃいましたがそれでも効果は抜群!それからとても指が動くようになりました。脱力もうまくいってよい音が出るようになったと、今も感じています。

子ども達もそうなのですが、それ以上に大人の生徒さんはピアノを練習できる環境や時間に制限があります。無理なく楽しく、でも上達して頂きたいし演奏したいと思った音楽をご満足頂ける形で演奏できるようにして差し上げたい、と心から思っています。
by t_gakki | 2014-04-13 19:27 | レッスンの話/音楽教室関連