おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2分おんぷのデジタルピアノ講座②~ヤマハクラビノーバ編

こんにちは♪2分おんぷです。

先日のデジタルピアノ講座第2弾!!と言うことで、今回は先月新発売になりました、
ヤマハクラビノーバシリーズを簡単にご紹介します(゜∀゜)


まずは新しくCLPシリーズに搭載された機能を紹介します!

当店にもCLPが店頭にございますが、
今回最も注目すべきは
『インターネットダイレクトコネクション機能』(゜∀゜)


う~ん難しさ100%(゜∀゜!)
名前だけ聞くとなんのこっちゃですね(笑)


ま、簡単に言うと
楽器本体からインターネットにつなぐことができるシステムです★
今までCVP(多機能モデル)にしか搭載されていなかった機能ですが
今回の新商品よりCLPシリーズにも登場したわけです。

直にネットにつながっているので、
PCからダウンロードした曲なんかをUSBに保存して、それをCLPの本体に接続して~という手間をいっきにはぶけます。
ただCLPシリーズはCVPシリーズのように大きな画面がついていないので、操作の仕方は多少難しいのではないかな?と思いますが、実際にまだディスプレイ操作していないのでなんとも言えないところです。


そして【鍵盤】

おなじみのGH3鍵盤、ナチュラルウッド鍵盤に加えて新たに
“象牙調仕上げ”鍵盤も登場(・∀・)

ローランドのアイボリーフィール鍵盤に対抗した新製品ですね(゜∀゜)
指ざわりの良さ、また人工象牙鍵盤と同じく汗の吸収率、爪のノイズが軽減されます。

GH3鍵盤のプラスチック鍵盤に比べ、数段肌触り?指ざわり?がよくなりました。
触った感じが違う為、GH3鍵盤とウェイトは同じだろうはずなのに弾いた感触が違って感じられるかもです。

このヤマハが謳う“3つのセンサー”
3つのセンサーで打鍵を読み取り音を出すシステムですが、センサーが多ければ早いトリルや連打に強いには確かです。
難曲でも対応できる鍵盤だと言うことですね(゜∀゜)


【音】

同時発音数も、前モデルは上位機種のみ128音だったのが、今回からCLPシリーズすべて128音となり、入門タイプのものでも、音切れなく演奏できるようになりました(^^)


【デザイン】

CLPシリーズの中で特に注目しているのは、
CLP-S308PE、CLP-S306PEです★

S308、S306は背丈を少し高くし、アップライトピアノを思わせる外観。
しかし奥行きは43センチと場所をとらないコンパクト設計。
ピアノを置くスペースはない。
だけど見た目にはこだわりたい。って方にお勧め★

デザインに関しては、個人的な意見ではありますが、やはりヤマハが一番キレイだな、と思います。
特に“PE”のシリーズ(鏡面艶出しモデル)は、さすがピアノメーカー。
デジタルピアノではなかなか感じられない“高級感”が充分に感じられるモデル。

また『MODUS』のようなハイセンスデザインのデジタルピアノもあり、目の付け所はさすがヤマハ、と言えますね(^^)


簡単にではありますがヤマハクラビノーバをご紹介しました♪
次回はローランドの新製品『LX-10』と『VIMA RK-300』をご紹介します!!
お楽しみに(^^)
by t_gakki | 2008-11-29 18:34 | 最新入荷商品/セール情報

2分おんぷのデジタルピアノ講座①~ローランドHP205編

こんにちは!2分おんぷです(^^)


16分おんぷさんの質問を受けて、たまには楽器店店員らしいブログを書きたいと思います(笑)

先日の展示会で16分おんぷさんが見られた【ローランドHP205】
昨年2月に発売になってから爆発的人気となった商品です。

理由としては、鍵盤・音・デザイン・価格 これらが非常にバランスがよく、他メーカーが真似できない内容になっているからだと思います。

では、詳しく説明していきましょう(^^)



まず『鍵盤』

おなじみのPHAⅡ鍵盤(エスケープメント付き)
前シリーズでは、上位高額機種にしか搭載されていなかった鍵盤ですが、現在のローランドの機種にはほぼ全シリーズに搭載されています。

この“エスケープメント”ですが、
グランドピアノ特有の“クリック感”を表現した鍵盤で、鍵盤をゆっくり押さえると途中で抵抗感が増し、すっと軽くなるといったタッチ感を実現しています。

さらにこのHP205から上位の機種に搭載されているアイボリーフィール鍵盤
ピアノの上位モデルに搭載されている象牙・黒檀の鍵盤を再現した鍵盤で、
汗の吸収率、爪のノイズの軽減など、ハイレベルの演奏を要する方にも対応した鍵盤になっています。



次に『音』

こちらも現在全てのシリーズに搭載されているシステム“88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源
グランドピアノの88鍵全てをサンプリングすることにより、鍵盤一つ一つの鳴りや響きの違いまで忠実に再現しています。
さらに、弦と弦の共鳴やダンパーが弦を離れる時のかすかな音、ハンマーが弦を叩く時のわずかな音など、このような細かい音さえも忠実に再現しているからこそ、よりピアノに近い音が実現しています。
上位機種ではそのような“ノイズ”を調節したり、グランドピアノの大屋根の開閉の響きの違いも調節できます。

また、同時発音数も128音とたっぷりあるため、2人で連弾してもペダルを多用する難しい曲を弾いても音切れの心配はありません(^^)

そして、他メーカーとくらべ圧倒的にすごいと思うのは、インターネットからダウンロードしてきた歌謡曲をそのままオーディオとして再生できるところ!!(※一部再生できないものあります)
さすが電子楽器の老舗メーカーならでは、といったところですね(^^)

さらに、CDドライブを接続すると、市販のCDも再生でき、さらにテンポを落としたり移調もできたりと『弾く』だけじゃなく、『聴く』と言う部分も充実しています。

弾かない時間もデジタルピアノで楽しめる優れものです(^^)



そして『デザイン』

このHP205そしてHP207にはライトチェリー色、人気のマホガニー色に加えて新色のサテンブラックがお選びいただけます。
さらに、こんなにも充実した機能が満載なのに、このHP205、奥行き約42センチ!

クラビノーバの同額機種と比べると9センチもスリム!!!

デジタルピアノをお考えの方は、マンションやアパートにお住まいの方が多いので、
ハイスペックなのに置き場所をとらない、というのはかなり魅力的ではないでしょうか?


最後に『価格』


今まで紹介した機能、そしてここには書ききれなかった機能もまだまだ沢山ありますが、
こんなにもハイスペックなのに金額は20万円を切るというのは、他のメーカーには今だに真似できないところ(^^)

実際、先日発売になったヤマハクラビノーバシリーズ。(また後日ご紹介します!)

HP205の対抗機種は“CLP340”ですが
私の個人的な意見としては、金額は同じくらいにもっていってますが、実際の内容としてはHP205までスペックを上げられなかったのかな?
実際発売して1年半以上経つHP205の方がスペックが高いような気がします。
(ま、今回のヤマハのCLPシリーズではインターネットにダイレクトに接続できるようになったのでそう言う部分では進んでいますね(^^)ま、この話はまた次回)

これはやはり、電子楽器の老舗メーカーがなせる業でしょうか・・
このように、HP205は他の機種に比べすべてかバランスのとれた機種だな、と言うのが私の意見です。


さらに、このHP205より音を追求したのがHP207
他、楽譜が出たりゲームが楽しめる多機能モデル【デジスコアシリーズ】も人気です!こちらもまた機会があればご紹介しますね(^^)





こんな感じで、今回【ローランドHP205】をご紹介しました!

次回は、先日発売になった【ヤマハクラビノーバシリーズ】と、同じく新発売になったローランドのインテリアモデル【ローランドLX-10】をご紹介します!
お楽しみに!!
by t_gakki | 2008-11-28 18:03 | 最新入荷商品/セール情報

「びっくり!!Hp205」

16分おんぷです。

Hp205というのは、ローランドが昨年2月に売り出したデジタルピアノです。
先日のフェアの時に試弾させて頂きました。

一昔前のデジタルピアノというのは、アップライトピアノの代用品として普及しつつあったものの、鍵盤タッチや材質、音質・音量の幅などでピアノには遠く及ばず、しかもそこそこの値段はする・・・的なものであったと記憶していました。

ところが、その後の技術進歩は日進月歩、満を持して登場した?Hp205には本当にびっくりさせられました。
グランドピアノのような音質・鍵盤の素材・タッチ感。特に以前は違和感を感じざるを得なかった打鍵による音量の調節は飛躍的に改善されています。

そして何より、ある程度のデジタルピアノ機能も備えていて「あの」お値段!!!コストパフォーマンス抜群ですね☆

2ぶおんぷさん、販売側の眼から、(鍵盤の素材やスピーカーの質・位置など)この機種のよさをもっと詳しく教えてくださいな。(^o^)
by t_gakki | 2008-11-27 11:09 | 最新入荷商品/セール情報

今年最後のピアノ大展示会

たかまつ楽器からのお知らせです

明日11月15日~16日高松テルサ展示ホールにて
今年最後の【たかまつ楽器ピアノ大展示会】を開催します!!!!

今回のフェアは中古ピアノのバリエーションが豊富!!

是非是非お誘いあわせの上お越し下さい(*^_^*)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
たかまつ楽器ピアノ大展示会
日時:11月15日・16日 10:00~19:00
場所:高松テルサ
by t_gakki | 2008-11-14 18:41 | 最新入荷商品/セール情報

ライブレポ!

こんにちは♪2分おんぷです♪♪

今週は2回ライブに行ってきました。ちょっと行き過ぎですね;;体力が限界です(´_ゝ`)ww

11月3日
香川が誇る最強3ピースメロコアバンド“VIVASNUT”企画
【BUZZ ON!Vol.10】に行ってきました。

香川出身の“Hocco”が出るって事でめちゃくちゃ楽しみだったわけですが、
仕事終わってからだったので、行ったらHoccoはすでに始まってました(゜o゜;;)

Hocco(ホッコ)は、東京で活動する香川出身の3ピースメロコアバンドなんですが、
香川の人なら分かると思いますが、“ほっこ”って讃岐弁で『アホ』『バカ』って言う意味なんですけど
東京で活動するようになっても故郷の香川と共にある!ってことで、今年の春に“OPPAI KIDS”から“Hocco”に改名したみたい。

ま、27歳なんで、もう“KIDS”じゃないですよね(笑)


HoccoのMCで

『ボクらのTシャツ売ってます。東京では“Hocco”って書いてても誰も何も気づきませんけど、香川で着てたらアイツアホやぞ、って言われるんで注意してください』って言ってましたwww

確かにwwww



そんな感じで記念すべき10回目の【BUZZ ON】もすごく楽しませてもらいました☆彡


次に
11月5日
【5 ON THE MOVE】
◆Riddim Saunter
◆Fed MUSIC
◆asphalt frustration
◆he

いつもは+1ゲストでやってる企画らしいんですが、この日は4バンドのみ

どのバンドも極上メロディ&クラブサウンド系☆★
めちゃくちゃ踊れるバンドばっかりでした。


元々私はRiddim Saunterしかしらなかったんですが
asphalt frustrationもめちゃくちゃ良かったですね(*^_^*)

4ピースのパンクバンドって聞いてたのに
全然違ってキーボード&PC入ってかなり踊れる♪

すっごく楽しめました☆彡
ハードな音楽が嫌いな人でも、riddimやアスフラは大丈夫です☆彡お勧めです☆

あと、この4バンドはすごく仲が良いみたいで
お客さんに混じって自分達も最前列に行って楽しんでた姿が印象的でした。

こうゆうバンドマンってお客からするとすごく親近感沸くからさらに好きになりました☆彡

【Riddim Saunter】
c0150287_12341120.jpg




という事で、今回も2箇所のライブレポでした!
by t_gakki | 2008-11-08 12:39 | スタッフ雑談NOTE

「グレードテスト必勝法!?~ピアノ編~」

16ぶおんぷです。
秋のグレードテストまであと一ヶ月をきりました。受験予定の百余名の生徒さん達は、先生といっしょに11月30日に向けて頑張っていらっしゃることでしょう。

ところで、今回のタイトルをご覧になって「え~!そんなものあるの?」と眼を丸くされた方もおありなのでは?


「グレードテストって何回間違えたら不合格なんですか?2~3回は合格ですか?」
グレードを受験される生徒さんのお母様から時々聞かれる質問です。
審査員でもある私は、「ああ、そうか。生徒さんのご家族にもグレードテストの意義や審査員の『思い』をお伝えしておく必要があるんだ。」と思ったわけです。

まず最初に言えることは、「何回間違えたから不合格、ノーミスだったから合格」という規準はありません。
級によって求められる質は高くなっていきますが、やはり3人の審査員が皆一番ウェイトをおいているのは「どれだけピアノで表現できているか」ではないでしょうか。

16級は16級なりに、7級は7級なりにどれだけ「音楽を」「自分自身を」表現できているかを追求してください。
ということは、実はかなり弾きこ込まないと聴いている者に伝わらないので「練習不足でミス連発」の状態では当然×です。
逆にたまたまミスタッチはあったけれど、「一生懸命表現できていた」とか、「音色の変化に富
んでいた」は○ということになります。

ただ、表現云々より、まず第一に正確さを求められるのが「スケール(音階)」です。
「音階は指の練習・訓練でしょ?」と思われていらっしゃる方もおありかと思います。
それもないわけではありませんが、音階を課題に出すことによって音楽理論の基礎を学び、基礎の理論をわかった上で演奏ができるようになっていって欲しい故に13級以上の級には音階が必須となっているのです。
様々な調を理解することは、これからの演奏を深くする上で欠かせないことなのですから、けっして嫌がらず面倒くさがらずに音階を学んで身につけてください。

そして、それらの実力をテスト本番で存分に発揮できるような強い心・精神力を養ってください。わざと聴かれたくない人の前で弾いてみるとか、「今から本番!」とイメージ練習をするとかも大切かと思います。
過去に何度も「ああ、本当はもっと弾けてたんだろうな。」と思いながら緊張しすぎて実力を発揮できなかった生徒さんを涙をのんで不合格にしたことはありますよ。

要するにピアノグレードテストの必勝法とは

①ピアノで表現する力を身につける
②音階と仲良くなる
③本番に強い心を養う

の3点ではないでしょうか。
by t_gakki | 2008-11-06 11:21 | レッスンの話/音楽教室関連

たかまつ楽器園芸部(笑)

園芸部長の2分おんぷですwwwww

エントランスの花壇が衣替えです♪
c0150287_16482287.jpg


今までよりも色んな色のお花が入ってにぎやかで可愛くなりましたよ☆彡

プランター6個と2階のお教室前の植木鉢2個を植え替えました(*^_^*)

しかしガーデニングって結構体力使いますね(ー∀ー;)笑
by t_gakki | 2008-11-01 16:53 | スタッフ雑談NOTE

たかまつ楽器からのお知らせ

今日から、当店の住所が変わります!

旧住所  
〒761-8071  高松市伏石町830-1

新住所  
〒761-8071  高松市伏石町2062-5


ちなみに場所は変わりません(*^_^*)

よろしくお願い致します☆彡
c0150287_13411896.gif

by t_gakki | 2008-11-01 16:52 | たかまつ楽器からのお知らせ