おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

レスナーの役割

16おんぷです。

以前から思ってたことなんですが、我が子が大きくなってくるのとともにひしひしと実感してます。
ピアノレスナーの一番の役目は生徒さんに音楽を好きになってもらう、ピアノが上手になってもらうということなんですが、それ以外に一つ大事な役目があるように思います。


それは、
小学校高学年~高校生くらいまでの生徒さんに責任ある大人として対峙し、ある時は彼らの心の支えとなり、またある時は安らぎを与え、またある時は叱咤激励すること。

小学校高学年~高校生くらいまでの子どもって、だんだん親の言うことを聞かなくなります。

成長期であるとともにいわゆる『反抗期』でもあるんですね。


でも本当はまだまだ誰かに頼りたいし愚痴も聞いてもらいたい。

でも親はなんかむかつく。

気の合う学校の先生や部活の顧問の先生がいればいいけど、いないかもしれない。

そんな時、個人レッスンのピアノの先生にちょっと聞いてもらえたら・・・
誰かに聞かれることなく日頃たまってる気持ちをぶつけられるようですよ。
聞いてあげるだけで何もできず「自分は無力だなあ」って感じることもよくありますが、生徒にとっては小さな安らぎになっているんだろうと思ってまた聞いてあげます。
by t_gakki | 2008-05-09 14:34 | レッスンの話/音楽教室関連