おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2分おんぷです(^^♪

私は趣味で、地元の吹奏楽団に入っています。
楽器は、【ホルン】と言う、丸い金管楽器を演奏しています(アルプスっぽい音のやつネ)

ホルンは中学、高校、大学、そして今もずっとしています。
大学(短大)時代、私は音楽療法と声楽を主科として入学しましたが、副科としてホルンの授業もしており、最終的には、声楽よりもホルンがメインになっていました((笑(ーー;
本来、主科(私の場合声楽)で出演するのが一般的な大学の定期演奏会も、音楽コンクールも結局ホルンで出場し、一応最後の卒業演奏会のみ声楽で出演しました。なんてヤツ。笑

そのくらい私はホルンが大好きで、今でも毎週楽団の練習に通っています(●^o^●)

吹奏楽をしていた方はよくご存知かと思いますが、吹奏楽の2大イベントと言えば、夏に行われる『全日本吹奏楽コンクール』。
吹奏楽部はみんな夏になると、太陽よりギラギラしています。
その頃の吹奏楽部員には話しかけない方がよいでしょうネ★

そして冬に行われる『全日本アンサンブルコンクール』
通称“アンコン”

アンコンの県予選はいつも1月に行われるのですが、ウチの楽団では、本大会前の12月に“団内アンコン”と呼ばれる、楽団内で演奏を発表、審査する行事が毎年あります。
審査は、当楽団の常任指揮者と、外部から2名呼び、技術力・表現力の合計で競います。(結構本格的でしょ?)
それとは別にパフォーマンス部門もあり、衣装をそろえたり、演奏中にフリをつけたり、演技をしたりするグループには、技術などとは別に採点されます。
曲に合わせたコスプレや、その年の流行物(一昨年のパフォーマンス賞はメイド喫茶)
などが一般的です。
ま、中年のおじさんのコスプレはあまり気分の良いものではありませんが(笑)
でもなんだかんだで、おじさんの方が若者より毎年気合が入っていて笑えます。

私は今まで、平均年齢20歳の若い人たちと金管5重奏や金管8重奏で出場しており、衣装を作成したり、ダンスをしたりしていました。(去年はドラクエ、一昨年はセーラー服))笑)
ま、衣装ばっかりこだわって演奏面が手薄になっているので順位はいつも下のほう(13位~15位くらい)・・・笑
(↑だいたいいつも上位のグループは決まっていて、5位くらいまでは、各パートの主となる人たちで組んだグループが占める。)

しかし今年は、いつもグループを組んでいた若者たちがおらず、ホルン3重奏という、アンサンブルではとっっても不利な構成で出場する事になりました。
不利な構成と言う事もあり、3人で『10位以内に入れば上出来だね★』と話していました。


超難しい曲を選んでおきながら練習時間もほとんどなく、『若いから気合でなんとかなるよ!』と意味不明な理由で、なぜか私が、1st(パートのトップ)をまかされ、玉砕覚悟で臨み、結局本番私がミスをして終了。

ホルンパートのみなさんに謝り
『忘年会用の蟹鍋は、私が自腹切るしかないな・・・。』
と、かなり落ち込んでいました。



しかし!

なんと4位入賞!
(あんな演奏で!笑)

1位~3位はやはりお決まりのグループでした。
4位なんてすごくないんじゃない?と思う方もいると思いますが、案外レベル高くて5位以内は難しいんですよ!!
しかもホルン3重奏で、ってとこがミソ。
だいたいアンサンブルって言ったら、3重奏以上8重奏未満で、木管5重奏や金管8重奏などは上位を狙いやすいのが一般的。そりゃ人数多い方が聴き栄えするし、個人のミスも目立ちにくいからね~(~o~)
なので、同種(同じ楽器)の3重奏って言うのは、個々の技術がしっかりしていないと上位は厳しいと言われています。

なので、これは私的に奇跡的な事なのです!

しかし!!
すごいすごい!!と私達がはしゃいでいると、すかさず後ろから指揮者の先生が来て一言、
『ホルンで速くて難しい曲を演奏したらちょっとミスしてても上手く聴こえるからね~』

ん?
どう聞いても褒められてないよね?笑
つまり技術がどうこうじゃなく、単に曲が難しそうだったから4位なのね・・・

なんだか素直に喜べない2分おんぷでした(~_~;)
by t_gakki | 2007-12-03 14:36 | スタッフ雑談NOTE