おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2分おんぷの疑問(@_@?))

こんにちは★2分おんぷです(^^♪
16分おんぷさんも書いていましたが、昨日は当店の音楽教室のグレードテストが行われました(^^)
当店のグレードテストも、れんらくちょうイラストコンテスト同様、長く行われています。
私は入社して1年半になりますが、初めてグレードテストの内容を見た時に
『グレードテストにソルフェージュのテストもあるんだ!』と、驚いた事を覚えています。

ソルフェージュと言えば、私も高校・大学とかなり苦戦した(笑)、音楽を勉強するためには欠かせないものです。
でもグレードテストにソルフェージュのテストがあるのって他では聞いたことないような・・・なぜだろう?

と言う事で、当店音楽教室チーフレスナーの16分おんぷさんに聞いてみました(@^^)/
教えて!16分おんぷさ~ん!(人>_<)


はい、16分おんぷです(●^o^●)
16級~14級にはピアノのテストだけでなくソルフェージュのテストを取り入れてます。16級が初級で、それを受験するのは主にピアノを習い始めてまもない生徒さんです。
そしてその上の15.14級も含めてその時期はピアノを弾くための基礎を作っていく段階と捉え、導入期に開始したリトミックの延長線上として基本的なソルフェージュ力をつけてもらおうと実施しています(^^♪
具体的には、ごく平易なメロディやリズムを聴き取れる(きいたことがある、歌ったことがある曲を弾けるのって子どもにはとても楽しいことですよね★★)、初期のピアノテキストの楽譜を自分の力で読んでいけるよう読譜の基礎を身につけるなどです。
そして受験する子供たちは無意識のうちにメロディ・リズム・ハーモニーの音楽の3
要素に関わっていきます。
ソルフェージュというと、2分おんぷさんのように、音大や高校音楽科の受験を想像される方もあるかと思いますが、このソルフェージュテストはけして独立した『お勉強』的なものではなく、「ピアノを弾く上に大切なことだけを取り入れているテスト」なんです(^_-)-☆


ほ~~(~o~)なるほど!!
ピアノを弾くテクニックはもちろん、ソルフェージュのテストが入る事によって、楽譜を読む力、音(メロディ・リズム・ハーモニー)を聴く力が身につくようになっているんですね!\(◎o◎)
それはピアノを弾く上ではすごく基本的な事ですが、とっても大切な事ですよね!!
当店のグレードテストはレベルも高いので、生徒を教える講師も、一生懸命勉強しているようです。スバラシイ・・(T_T)

16分おんぷさん、ありがとうございました★★
by t_gakki | 2007-11-26 18:23 | レッスンの話/音楽教室関連