おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

BECHSTEIN(ベヒシュタイン)技術研修1日目

研修1日目
研修内容は、ベヒシュタインアカデミーA3の出荷調整です。

出荷調整の際、ピアノカルテというものがあり、そのカルテに従って作業します。
作業日、担当者、かかった時間を記入します。
こちらのカルテ、全てドイツ語表記です。

作業工程としては、外装チェックから入り、全てのネジの増締めやピッチ上げ、アクションレールの調整、キーピン磨き、鍵盤の調整をしてから整調に入ります。

整調に入るまでにもかなり段階をふみます。

今日は整調の第1段階の鍵盤均し(高さ調整)までやりました。

とにかくチェックが厳しいです。
高級ピアノなので当然ですが(笑)。いつもやる中古ピアノの整備よりもたくさん時間をかけて均し調整しました。
とにかく鍵盤が真っ直ぐになるまで何回もダメ出しされました。。

白鍵均しだけで半日かかりました。
技術部長代理のMさんが見てくださるんですが、ここの研修生は均しができるまでに2日かかるとおっしゃられてました。
私は均しだけで2日かけていたら完璧間に合わない(笑)ので最後はMさんが仕上げてくれました。
均し作業だけで2日なんて気が遠くなりますが、やはり均しが揃っていると弾き心地ももちろんいいので妥協はできません。
それだけ時間をかけて精度良くすると後から結果がついてくるとMさんもおっしゃられていました。
明日からはなるべく作業のテンポ&精度アップを目指して頑張ります♪
by t_gakki | 2010-08-27 12:46