おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ピアノの先生ってどんな人?⑯

今回はチェロ講師の荒木先生のアンケートです☆彡


■今は何を教えていますか?
チェロです。

■何歳で専攻実技を始めましたか?
始めたのは大学1年生の時ですね。
それより前は、ピアノを3年間、吹奏楽でチューバを6年間やっていました。


■始めたきっかけは?
行った大学のクラブ活動に、吹奏楽部が無くて、代わりにオーケストラ部がありました。
オケと言えば「弦楽器」ですが、以前からテレビ等で見てチェロに興味があったので、せっかくだからやってみようかと(笑)


■どんな子供だった?
とにかくマイペース&風変わりな子供だったような気がします。
ただ、音楽好きの血は当時から流れていたようで、学校の授業中に音楽がかかると踊り出すので、「踊る男」と言われていました(苦笑)。


■音楽以外の意外な趣味
元々、本業が別にあって、音楽が最大の趣味だった人なので、
あんまり大したのは無いですが、最近、美術館巡りにはまっています。あとはWiiとか。
基本的にインドアなんです。はい。


■音楽をしてきてよかったと思うことは?
基本的にチェロという楽器は一人で弾くのも楽しいですが、みんなで合奏することも楽しいことで、
私は普段「たかまつ交響楽団」という楽団で活動していますが、みんなで心を一つにして演奏して、それを通じた友だちの輪がどんどん広がるのが嬉しいですね。


■講師という仕事をして感じたこと
教えるということは、同時に自分の勉強にもなってます。偉そうに(すみません)レッスンをしながら、後になって「これって自分はできてたかな」と再確認してみたら、意外と十分にはできていなかったり^^;

■これから楽器を始める方へのメッセージ
弦楽器の場合、最初のとっかかり(まともに音が出るようになるまで)でほんの少しだけ苦労するかも知れませんが、そこだけ頑張れば、あとは楽しく演奏できるようになると思います。


ありがとうございました☆彡

「踊る男」www
荒木先生が踊る姿が目に浮かんで笑えましたww
by t_gakki | 2009-07-17 15:06 | レッスンの話/音楽教室関連