おんぷちゃんのひとりごと♪ Byたかまつ楽器

tgakki.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ピアノの先生ってどんな人?①

こんにちは☆彡2分おんぷです(*^_^*)
段々日差しが夏らしくなってきました!そろそろ日焼け止めを買わなくては!(遅い?)

さてさて
ピアノの先生ってどんな人?という疑問を持っている方も少なくないと思うので
ブログ新シリーズとして
当音楽教室【青い鳥音楽教室】の講師の皆さんに先日アンケートを実施。

答えてくれた先生の回答を、『ピアノの先生ってどんな人?』と題してこれから一人ずつアップしていきますのでお楽しみに☆彡

では早速記念すべき1回目!

当お教室講師陣のチーフをされている『石本先生』です

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

■今は何を教えてますか?
主にピアノ(3歳~70代半ばの方まで幅広く)・声楽ですね。
その他、ソルフェージュ・楽典なども可能です。


■何歳でピアノ(専攻実技)を始めましたか?
これを申し上げると皆さん驚かれますが、ちゃんとピアノを始めたのは小学校4年生からです。
それまでは、昔幼稚園の先生をしていた母の手ほどきを受けてました。
また、声楽は小学校高学年の頃から所謂声楽っぽい声が出始め、中学校で合唱部→浜松市の音楽科に声楽専攻で入学しました。


■始めたきっかけは?
元々ピアノを弾いたり、器楽合奏は好きでした。
2歳の頃父が「(おもちゃのピアノで)何か一つ曲が弾けたらオルガンを買ってあげる」と言ったら本当にすぐ弾けるようになってしまい買うことになったそうです。
歌は…声が出始めるまでは所謂『悪声』で合奏の方が好きだったんですが、声が出てきてからは歌が大好きになりました。


■どんな子供だった?
自分としては一言でいうと「かわいげのない子供」だったでしょうか(笑)。
みんなと同じことには熱中せず、やや冷めた感じ。だからといって全てに冷めていたわけでもなく、自分なりの『つぼ』には結構はまって熱中したり…=マイペースですね。
それから、人への気遣いが苦手で気が利かないやつでしたね。人への気遣いに価値を見いだせなかったっていうか。


■音楽以外の意外な?趣味・特技・好きなことなどは?
最近は書いていませんが、趣味は『小節を書くこと』そして『社交ダンス』です。
本心は『ヒップホップ』もやってみたいのですが、子供達から「お願いだからやめて!」と言われています。
実際には今とても時間がありませんが。
そして知る人ぞ知る『東方神起』ファン☆これを書いている今も聴いています。


■音楽をしてきて(していて)よかったと思うことは?
何より音楽を通して良い仲間ができたことです。
人が一人では生きられないように、音楽も一人では成り立ちません。
良き共演者・良き聴き手に恵まれてこそ音楽は存在するのです。音楽=生きることそのものですね。



■講師という仕事をして感じたこと
自分の成長という観点からみると子供の頃の『人への気遣いが苦手で気が利かない』という欠点を改善させてくれた仕事だったでしょうか。
音楽を教えることを通して「誠意を持って接することは全てを良い方向に向かわせる」という自考え方がわかったように思っています。
そして、講師を続けること=音楽を勉強し続けることですから、少しずつでも自身の成長があり、また次のステップを見つけ「その先へ!」と思える一生の仕事として選択して悔いのないものでした。



■これからピアノや楽器(歌)を始める方へメッセージ
小さいお子さんは無理かもしれませんが、ある程度の年齢になったら、まずはとにかく『何か熱いもの』を感じてください。
それが方向違いかもしれないし、「軌道修正」や「振り出しに戻る」なんていう経験もなさるかもしれません。
でも、『熱いおもい』なしでは音楽してても寂しいと思いますよ。
音楽とともに自分が成長していく感覚を味わえたら最高です!!!




ありがとうございました!
石本先生でした(^^♪
では次回をお楽しみに(☆∀☆)
by t_gakki | 2009-06-15 12:36 | レッスンの話/音楽教室関連